スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お宮参りのレンタル衣装

お宮参りのレンタル衣装。お子さんには一生に一度しかないお祝いお宮参りです
誕生した赤ちゃんの健やかな成長を願ってお参りするものですよね。

男の子は生後32日目、女の子は33日目となっているようです。

お宮参りのレンタル衣装を借りる人、または、自分で衣装を作る人と別れるそうですが、
どちらが多いのでしょうか?

お宮参りの衣装は、羽二重を掛けてお参りするのが昔ながらのやり方ですが、
最近はベビードレスも多いそうです。

女の子の場合、羽二重を3歳の七五三で縫い直して着るんだそうですよ。
お宮参りの衣装は、お嫁さんの実家で用意するのが基本ですが最近はどうなんでしょうね。

お宮参りのレンタル衣装を借りる場合、ベビードレスをレンタルする人が多いそうです。
お子さんの誕生で一度の事なので、お宮参りのレンタル衣装を借りる人、
一度だから作る人と考え方はそれぞれ異なるようです。

お子さんに一生に一度であれば、レンタルよりも仕立ててあげたい気持ちが強いですが・・・
お祝いごとなのでお礼などもあり、経済的な問題もでてきます。

お宮参り用のベビードレスに関しては、ハンドメイドで作る人もいりそうです。
ミシンを使わなくても、手縫いでチクチクできるものなど、書籍も豊富に出ています。

手先が器用であれば、お宮参り用の衣装を手作りするのもいいかも知れませんね。
羽二重は、さずがに手作りという訳にはいきませんが、ベビードレスなら挑戦できそうですよ。

お宮参り レンタル
お宮参り 貸衣装
お宮参り 衣装
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

お宮参りのレンタル」の先頭へ
お宮参りのレンタル 」トップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。